お知らせ

2015.06.05 (Fri)

6月5日はOVA「エーゲ海の女神」でも活躍したエディタ・ノイマン大佐のお誕生日!


1s-OVA2_Neumann


エディタ・ノイマン

所属:カールスラント空軍北アフリカウィッチ隊総司令
階級:大佐
誕生日:6月5日(1945年に20歳)
固有魔法:なし
使い魔:リピッツァナー

・オストマルク東部のブコビナ出身。小さい時に両親を失くし、弟ともに祖父に引き取られてカールスラントに移住した。
成長してからはグライダークラブにて飛行を行い、ウィッチの適性が判明すると航空ウィッチに志願。
直後に勃発したヒスパニア戦役にて義勇軍扱いで参加していた。そこでガランドやメルダースらなど、将来のカールスラント空軍ウィッチの上層部メンバーと知り合い、また優れた指導力の片鱗を見せ、将来の幹部候補と見なされた。

・帰国後はJG26からJG27に移り、北アフリカ防衛任務に就く。
1939年、北アフリカはキュレナイカで大尉としてJG27第Ⅰ飛行隊隊長を務め、ハンナ・ユスティーナ・マルセイユの直接の上官となった。謹厳なカールスラントウィッチであるエディタが自由奔放で素行不良、命令違反の常套者なマルセイユを個人として気に入ることはなかったが、その才能を認め、後に「アフリカの星」と呼ばれることになる稀代のエース・ウィッチを育て上げている。
同部隊の司令となると、北アフリカのカールスラント空軍ウィッチ部隊全体の指揮を執るようになる。

・ガランド少将からもカールスラント本国のウィッチ隊総監の参謀にと何度も誘われるほど、大部隊の地上指揮と統率に優れている。



3
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
 |  スト魔女-雑記-  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

Comment


  1. おーらんどー:2015/06/06(土) 09:33:00 ID:79D/WHSg
  2. WWでガランドさんを馬鹿呼ばわりしているところが、なんか、マルちゃんにキツく当たるのと通じるものが感じられて、微笑ましい(?)です。




コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dilemmanichijyo.blog109.fc2.com/tb.php/3675-c1144068

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
ブログパーツ