お知らせ

2016.01.11 (Mon)

「To LOVEるダークネス」OVA第7巻:ミルケアの花の蜜とかいう疑似○○


image

先週発売された「To LOVEるダークネス」第15巻限定版に同梱されたオリジナルアニメの感想記事に参りましょう!

・・・え?15巻のOVAということはもうそろそろ連載が終わる?(←トラウマ


①作画
WS000012
WS000013
WS000015
WS000017
WS000022
WS000024
WS000031
WS000037
WS000038
WS000042
WS000043
WS000047
WS000050
WS000061

なんだかアニメをレビューするときは大抵1番最初に作画に関して書いてる気がしますねwww
今回のOVAはいつものOVAと同じくらいの作画だったんじゃないですかね。あ、でも色合いは「To LOVEるダークネス2nd」の第5話以降になってます。
最初タイトルに「To LOVEるダークネス」って表示されたから、もしかして色も「To LOVEるダークネス」の頃に戻るの?って思いましたが、そうはならなかったようでなにより。「To LOVEるダークネス」は若干暗めなんでね。

というか、コミックスに付くアニメに関してはこれからも「To LOVEるダークネス」で進めていくんですね。




②話の内容

「Ghost story~怖いのはいかが?~」に関してはいいんですが、「Clinic~素直になれなくて~」に関してはマジで本編の話なので、OVA化の話を見た瞬間に烈火のごとく公式を叩いた記憶がありまして。
しかも事前に唯の電車回をやるみたいな話を第1話先行上映会の時に聞いていたので、そんな話やるならclinicやれよ…と思っていましたが。


WS000001

まぁものの見事にテノヒラクルーしてしまったのも良い思い出です(←

とはいえ、やはり「Clinic~素直になれなくて~」を本編でやれなかったのは痛かったなぁと。そもそも”ダークネス”の発動の原因というのが平和を自覚することなのに、ティアーユとの関係改善をまともにせずに”ダークネス”にさせるのはおかしいんですよね。
実際アニメではティアーユと近づくのさえ恥ずかしがってたのに、リトの一言でなんだか心が動かされた感じになってて、次にティアーユと遭遇した時には「一緒に…行きます」といきなり2人の関係が良くなってて、一体どこで2人の関係改善が行われたんだってばよ状態でした。そのへんの感想記事?年内には書く(えー

”ダークネス”になる要因の一つでもありますし、ヤミとティアーユの関係というのも「To LOVEるダークネス」の物語の中の重要な部分だったので、その部分の詰めがTVアニメシリーズにおいては適当に描かれたのがちょっと残念でしたね。まぁ尺面の者のせいでもあるけど。

…という重要なお話である「Clinic~素直になれなくて~」がOVAでどうなったのかといいますと、、



・時系列は”ダークネス”編が終わった後
・ヤミはリトに感謝の気持ちを伝えることができなくて困ってる
・その様子を見た美柑はティアーユと仲良くできていないと勘違いする
・診療所の手伝いの話を聞いて、だったら診療所で一緒に働けばいいじゃんと美柑が動く
・ヤミちゃんとティアーユ、まだギクシャクしている
・ティアーユのことを気にしてるんだなとリトがヤミに話すも、いきなりヤミはリトに感謝の気持ちを伝えようとする
・ヤミとティアーユの関係に関してはなんだか適当。


WS000062


リトがヤミちゃんとティアーユはやっぱり家族なんだなって話してるのに、唐突にヤミちゃんがリトに「ありがとう」を伝えようとしてたり、ヤミちゃんとティアーユが普通にギクシャクしてたり、シリーズ構成の変更による時系列の歪みをアニメスタッフが補正しきれていないいつものパターンでした。




WS000055
WS000056
WS000057

さらにこの話の肝心の部分であるはずのシーンがだいぶ適当だったなぁと。
イヴとティアーユが離れ離れになってしまった時、ティアーユはイヴと一緒に逃げようとしたけど自分一人逃げるのが精一杯で、逃がすことのできなかったイヴが「金色の闇」として宇宙最強の殺し屋になってしまったことを後悔しているんです。そしてヤミちゃんはティアーユという最愛の人を何も知らないまま失ってしまったわけです。自分がまだ小さく、力もなかったから。
でもまた再び出会って、もう2人ともあの時のような気持ちにはなりたくない。だからティアーユはもう二度とヤミちゃんを置いて逃げようとしないし、ヤミちゃんはティアーユのことを守る。

…という過去を払拭するようなシーンで、だからこそ2人はそれまでと比べると歩み寄れているのに、そのシーンが特にBGMなんですけどちょっとふざけすぎじゃないですか?
なんかドタバタな感じのBGMが最後まで続いていたのでせっかくのシーンがだいぶ台無しになってしまったのが個人的にかなり残念でした。というかそのシーンをちゃんと見せないとか、この話の主な部分ってなんだよって感じです。あ、ヤミちゃんの「ありがとう」ですか、そうですか。




③待合室の宇宙人
WS000045

WS000046



※参考
WS000066

WS000067WS000068


復讐しに来たのかな?
(もっとTo LOVEるの時とは色が違うけど)




④ネメシス、いいよね…
WS000010

暇つぶしに来たけど、いきなり現れた方が面白いだろうと部屋の前で待ってるネメシス(※多分)いい…




WS000033

今原作ではリトとネメシスが共同生活を送っている展開が続いているのでこの話も改めて見ていて面白かった。まだこの頃は下僕だけど。



⑤ミルケアの花
WS000023
WS000024
WS000025
WS000026
WS000028
WS000029
WS000030
WS000031




ULTTqffM


jsTdu0yM


WS000063





シコシコ

モモちゃんによるエンドレスシコシコ




⑥体温計
体温計

矢吹健太朗大賞の体温計!(リトの変身じゃないけど。)




⑦美柑の○oテク
美柑ジュポジュポ

本当に!







美柑咥える

けしからん!!







美柑離す

小学生だな!!!

今回はgif作るの多くてまったく作業がはかどらなかった。





⑧アイキャッチ
WS000034

WS000016


WS000064


WS000065




1s-5daaf6a5

1s-6a6c02a2

うん、やっぱり加藤初恵さんじゃないよな。
謎アイキャッチイラストも「2nd」になってからは小林千鶴さんという方が描いてますね。世界観的なものは引き継がれているような気がしますが、小林さんのイラストは顎が少しトンガリ気味で目もちょっと特徴があるので割とわかる。



…という感じのOVAでした。
怪談回に関してはよくぞやってくれたと実用性たっぷりの話に仕上がってましたが、ナース回に関しては個人的に残念な出来だったかなーと思います。
次はセフィ回ですが、、まぁそこそこ免疫はついてきたし、色々考え方も改めましたし、どんな形でアニメになるのかは楽しみです。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
 |  ToLOVEる-雑記-  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

Comment


  1. モモ抱き枕:2016/01/11(月) 15:06:00 ID:79D/WHSg
  2. 更新お疲れ様でした。 モモちゃん。。。




  3. 名無しな日常:2016/01/11(月) 15:26:00 ID:79D/WHSg
  4. 素晴らしいgifですね (*´Д`)ハァハァ




  5. 考えるな、感じろ:2016/01/11(月) 16:55:00 ID:79D/WHSg
  6. ジレンマさんはさぁ…すげえよ すでにドルベも真っ青なほど無☆能なアニメスタッフをまだ期待することができるんだからよぉ




コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dilemmanichijyo.blog109.fc2.com/tb.php/3914-0db24b38

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
ブログパーツ