お知らせ

2016.09.25 (Sun)

やる夫と学ぶ第502統合戦闘航空団「ブレイブウィッチーズ」その8…数多の戦場を守り抜いてきた可愛い苦労人


WS000008


やる夫と学ぶ第502統合戦闘航空団「ブレイブウィッチーズ」シリーズ
その1…ブレイブウィッチーズ設立の経緯
その2…悪夢から立ち上がった不屈のグレートエース

その3…ブレイクなウィッチ達をまとめる若き戦闘隊長
その4…未来のグレートエースを育てるウィッチの先生
その5…『伯爵』の名で知られるイケメンエースウィッチ
その6…北欧からやってきた「ツイてない」ウィッチ
その7…勇猛果敢にネウロイに立ち向かう「デストロイヤー」



WS000009





WS000010





WS000011





WS000012


WS000013





WS000014





WS000015





WS000016







WS000017





WS000018


WS000019


1927年11月16日。ガリア北西部にあるバス・ノルマンディのバラントンで小さな宿屋を経営する一家に生まれる。
幼いころから家業の手伝いをしていたが、ウィッチ能力が発現すると同時に軍に志願して飛行ウィッチの資格を取得し、ランスの空軍第4連隊第1戦闘ウィッチ大隊(GCⅠ/4)第1飛行隊に配属される。


ちなみに宿屋の仕事を手伝っていたため、ベッドメイクや掃除が得意。
現在所属している第502統合戦闘航空団でも喜んで掃除当番を行なっている。






WS000020














WS000021




WS000022


…というように
掃除の際には絶対に他人の邪魔を許さず、邪魔をされると普段からは想像もつかない剣幕で怒る事があるらしい。(↑はイメージ)








WS000023

黒海に出現したネウロイは、ダキアを即座に陥落させた後、オストマルクのほぼ全土を陥落させ、カールスラント、スオムス、オラーシャなどヨーロッパ全域にその範囲を広げていく。
ガリアも、1940年の6月にはカールスラントの防衛線が破られると、すぐさまパリが陥落し、さらに1941年にはガリア上空にてネウロイの巣が新たに発見される。


そもそも、なぜガリアがこうも簡単に陥落してしまったかというと、ガリアの個人主義で自由主義な国風による統一性がないことによる軍事力の低さと、
18世紀初頭に現れた「怪異」を撃滅するために、ナポレオンによってガリア軍を中心に60万人が出撃したが、激闘の末に大敗し、多くのウィッチもその当時に斃れてしまったことによる兵力不足が慢性的に続いていたことが原因である。




WS000024




ルマールは空軍第4連隊第1戦闘ウィッチ大隊の一員としてランスに駐屯していたが、撤退戦の混乱の中で原隊が四散するアクシデントに遭遇し、故郷からも近いブレスト軍港を上司もいない中一人で守り抜いた。




WS000025




WS000026

当時、ブレスト軍港には未完成の戦艦リシュリューが艤装をしている最中であったが、ガリア撤退の際には政府から必要な物資と軍人を積み込み、
西アフリカのガリア領ウエドラオゴにあるダカール軍港へと退避する指令が出され、ルマールもその流されやすい性格からか、撤退支援を行い、ダカールに撤退することになる。






WS000027

ガリア撤退時の混乱ゆえ、たどり着いたダカールから離れることも出来ず、同地唯一のウィッチとしてダカール防衛に従事することになる。
このダカールだけではなく、ブリタニアやヒスパニア、リベリオンなど各地にガリア国民は撤退していたが、ガリア本土から撤退し、移住した先すべてに正当を名乗る政府が誕生してしまい、統一国家の形を喪失してしまうことになる。
ダカールにも、「南方正統ガリア政府」が誕生し、ルマールもこれに所属する事となる。






WS000028

…と疑問を感じながらも、故郷から遠いダカールにて防衛任務に就くルマール。
習熟訓練などを行いながらのんびりした日々を送っていたが、ダカールにもネウロイが襲来。







WS000029

戦艦リシュリューの防衛を行いながら、次々に襲来してくるネウロイを一人で倒さなければならなかったが、
彼女の持つ防衛能力と、救援にやってきたリベリオンのウィッチによって、なんとかネウロイを撃退することに成功。

しかし、リシュリューへのダメージは相当のものがあり、残っていた艤装と修理のために、「南方正統ガリア政府」はリベリオンに向かうことになる。
ルマールもそれに同行し、リベリオンにて滞在していたが、各地に散らばっていた正統政府を統一し、「自由ガリア」の設立の機運が高まってきたこともあり、
「南方正統ガリア政府」はカサブランカに成立した「自由ガリア臨時政府」に合流するために移動してしまい、結果ルマールは一時期所属なしとなっていた。




WS000051

WS000018





WS000030





WS000031







WS000032






WS000033






WS000034






WS000035





WS000036





WS000037





WS000038





WS000039





WS000040






WS000018



WS000041




WS000042




WS000043


WS000018





WS000044





WS000045






WS000046






WS000047





















WS000048





WS000049









WS000050





つづく
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
やる夫と学ぶ第502統合戦闘航空団,  |  スト魔女-企画記事-  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

Comment


  1. 名無しな日常:2016/09/26(月) 03:40:00 ID:79D/WHSg
  2. でもジョゼちゃんになら罵られるのも悪くない… 掃除が得意なら僕のアハトアハトも掃除して欲し(スパナビューン




  3. 名無しな日常:2016/09/26(月) 12:13:00 ID:79D/WHSg
  4. ジョゼちゃんほんとすき




  5. 名無しな日常:2016/09/27(火) 12:45:00 ID:79D/WHSg
  6. ジョゼにゃすにはケイズリで使ってたm1911持ってて欲しい そういえば、508の数人とは顔見知りってことかな?




コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dilemmanichijyo.blog109.fc2.com/tb.php/4241-e115b4b5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
ブログパーツ