お知らせ

2016.03.06 (Sun)

やる夫と学ぶ第502統合戦闘航空団「ブレイブウィッチーズ」その3…ブレイクなウィッチ達をまとめる若き戦闘隊長


WS000283


◎やる夫と学ぶ第502統合戦闘航空団「ブレイブウィッチーズ」シリーズ
その1…ブレイブウィッチーズ設立の経緯
その2…悪夢から立ち上がった不屈のグレートエース




WS000245






WS000246





WS000247






WS000248

WS000249







WS000250







WS000251






WS000252





WS000253






WS000254







WS000255














WS000256






WS000257







WS000258






WS000259






WS000260








WS000261

1928年3月6日、オラーシャのとある一家に生まれる。
機械技師の父を持ち、幼い頃から父親の手伝いをすることで機械の扱いには慣れ親しんでいたため、当初は整備士か技師になろうと考えていた。









WS000262

航空ウィッチになってからはレーヌ・フォンクの著書を教科書とし、時代にあわせて自ら工夫・改良を重ねた。というのも、オラーシャでは他国と違い、空戦技術が体系化されていなかったためである。









WS000263

さらに彼女は、オラーシャ、カールスラント撤退戦等で学んだ戦術を体系化し、オラーシャ軍用の教本を作成した。
映像記憶能力が固有魔法であることから、高い再現性と平易な文章で解り易く、新人でも理解し易い内容で、たちまちオラーシャ国内に普及した。




WS000264






WS000265







WS000266







WS000267








WS000268





WS000269






WS000270







WS000271

1945年ごろ、第502統合戦闘航空団の管轄地域にキューブ型のネウロイが出現した。
TVアニメ1期にて登場したタイプと同じタイプのネウロイではあるが、子機同士の連携レベルが格段に上がっていた。









WS000272

さらにTVアニメ2期で第501統合戦闘航空団が苦戦した、コアが移動する性質も兼ね備えていたことから、コアの発見が格段に難しくなっていた。
この性質を持ったネウロイは同時期に各地にて出現しており、第502統合戦闘航空団も一度は迎撃に失敗している。










WS000273





※学者上がりの整備士たち

WS000274








WS000275

映像記憶能力によって図示化されたネウロイの軌跡をもとに、ネウロイとコアの動きをパターン化させ、
次の戦闘においてはもやがかかる悪条件の中でもそのパターンをもとに攻撃を行い、見事撃墜に成功している。

WS000276







WS000277







WS000278














WS000279








WS000280












WS000281




























WS000284


つづく
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
やる夫と学ぶ第502統合戦闘航空団,  |  スト魔女-企画記事-  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

Comment


  1. 名無しな日常:2016/03/06(日) 20:45:00 ID:79D/WHSg
  2. オチにやられたwww




  3. 短命名無しさん:2016/03/06(日) 23:21:00 ID:79D/WHSg
  4. 俺はやる夫の瞳の中のムスカにやられた




  5. 名無しな日常:2016/03/07(月) 00:46:00 ID:79D/WHSg
  6. ニパさん、正座!w




  7. 名無しな日常:2016/11/08(火) 13:48:00 ID:79D/WHSg
  8. ブレイク3人組のせいで、クマさんの胃に穴があくんじゃないかと心配してるが、アニメでは今のところ大丈夫そうだな。




コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dilemmanichijyo.blog109.fc2.com/tb.php/4246-4e911c74

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
ブログパーツ