お知らせ

2017.04.08 (Sat)

今月のTo LOVEる番外編(前編):あの時の「To LOVEる」とはまた一味違った「To LOVEる」


1s-20170408212215928.jpg




WS001598.jpg



1s-WS001584_2017040821104909c.jpg

特別扱いな番外編ということでセンターカラー。そして来月もセンターカラー。でも再来月からは…

それにしても最近では無印の文庫版も出て新しい無印のロゴが使われるようになりましたが、To LOVEる最後の輝きのために新しく今風にデザインし直したんですかね。




1s-WS001585_201704082110510c7.jpg

一発目はやっぱりエプロンがお似合いの美柑!
ちなみに次のページからは舞台が学校に移ってしまうのでもう出番はありません(←
でも個人的には最後の終わり方は美柑の「やれやれ…」で〆てくれたら嬉しいなって。

さて、何やら怪しい発明品を製作中なララですが…?




1s-WS001586.jpg

唯「ネメシスさん!校長先生をイスがわりにするなんて校則違反ですっ」

校長をイスがわりにしてはいけない校則があるのか…(←

むしろ可愛い女の子ならイスがわりにしてもOK!みたいな校則を制定していそうな校長にまたがるネメシス。
するとそこにヤミちゃんとメアちゃんが登場。この見開き2ページだけでヤミちゃんはたい焼き、メアちゃんはキャンディ、ネメシスは団子を食しているわけですが、そもそも高校でお菓子とかそっちの方が校則違反な気がしてならないのですがー。
あー、でも高校ならいいのかな、、。自分は当時アニメTo LOVEるのDVDを買うためにお金がなくて、お菓子なんか食べられなかったのであまり覚えてないです。キャッ、年齢がバレちゃう!(←

それにしてもメアちゃんとネメシスは「To LOVEる」には初登場みたいなものですが、掲載されてるのはSQですしあんまりそういう感じはしませんねww しないってことはそれだけ今To LOVEるに馴染んでるってことでしょう。

さすがにもうちょっと真面目にした方がいいんじゃないとネメシスにアドバイスするメアちゃんですが、身体を動かさないとなまってしまうからバトルしようとネメシスが提案するとノリノリでバトルを始めちゃうあたりメアちゃんも不真面目だった模様。




1s-WS001588_20170408211055c5d.jpg

大丈夫!けものは居ても のけものは居ないよ!(←

トランス三姉妹は3人とも不真面目ということでFA。


さてさて、この作品の主人公は女の子とあんなことやこんなことをせずにいったいどこをほっつき歩いているのかというと、、、







1s-WS001589_20170408211056bd7.jpg


1s-WS001590_2017040821105829c.jpg


1s-WS001591_20170408211059362.jpg

なにこの幸せオーラ満開な空気は

「To LOVEるダークネス」を終えてまさかこんな形になるとは本当に思ってもいませんでしたが、長々と近づけない2人の関係を見ていたおかげでこういうシーンを見ると本当によかったねと思えます。

そしてそこにララも登場!
2人の空気を邪魔しちゃった!?みたいな感じで入ってきましたが、僕はもうこのシーンでララが来た時になんか「ヤバい!」って思いましたからね。
いや何がヤバいって、僕の見てる中では「To LOVEるダークネス」の最終回で結局は3人の関係はあやふやな感じで終わってしまっているので、また次に3人のシーンが来たらどうなっちゃうのかなーなんて考えるわけじゃないですか。
もうこの番外編でそういうところが描かれるなんてこれっぽっちも思ってないんですけど、やっぱりリトと春菜の2人にララが来ると今はちょっとビビってしまいますね。僕は。

でも見てると、ララはやっぱりトラブルメーカーで、そのおかげで楽しい空気を生み出してくれているんだなーと思います。
実際この後のページのくだりとか見てるとそういう僕が思った不安とかも全然感じないですからね。それがリトがなかなか踏み込めない一つの要因でもあるかもしれないですけどwww


さて、ララが持っているのはネコ型のロボット…?
「にゃんにゃんコピーくん」という新しい発明品はどうやら御門先生のリクエストによるものらしい。




1s-WS001592_201704082111011f7.jpg

コピー機能…調整中
その他の機能…てんこ盛り




20170408.jpg



そんな「にゃんにゃんコピーくん」を見ていた春菜ちゃんですが、うっかり足をリトの足にぶつけてしまい、リトと共倒れに。さらにリトはララに倒れこむ形となって間に「にゃんにゃんコピーくん」が挟まれるとなにやら尻尾から電気が!?




1s-WS001593.jpg

ここでTo LOVEるが起きた要因というのはやっぱりリトと春菜の精神的な距離が少し近くなったからなんですかね?
やっぱり精神的に距離が近くなると、外的な部分にもそういうのが影響されると思うんですよねー。今までよりも2人の距離感が近くなったことで、これまでの距離感とは違って足をぶつけた…考えすぎかもしれないですが、僕はそういうのは好きですね。

そんな「にゃんにゃんコピーくん」の尻尾から放たれた静電気を浴びると、どうやらその物体がコピーされて2つに分かれるらしい、、でもまだ分かれていないということはやっぱり調整が必要ってことだね!めでたしめでたし!!








1s-WS001594_2017040821110920e.jpg



1s-WS001595_2017040821111061a.jpg



1s-WS001596_201704082111129ac.jpg


WS001597.jpg

どうやらくしゃみをすると2人に分裂するという効果になっているようですが、元に戻るには「にゃんにゃんコピーくん」の尻尾を握ればいい…しかしリトと動物(※ロボだけど)を組み合わせると、お決まりの怖くて逃げられちゃうパターンに。

さらには花粉症なのかやたらとくしゃみが出てしまうリトは3体目まで創造してしまい、これは面倒なことになりそうな予感…?






あれ?これで終わり?

前後編でアニメになるので「ダークネス」の時と同じくらいのページ数なのかなーと思ってたら、週刊連載時のページ数とほぼ同様でしたねー。
あとはキャラクターが多くなっちゃって、全員出てしまうとそれだけでページ数持っていかれちゃいますからね。来月のお話はどういう形になっていくのか、、なんとなくネコ型ロボットなので唯は反応しそうですけどwww

今回のお話は一応「To LOVEる」ですけど、以前の「To LOVEる」と同じ雰囲気かと言われると…そういうわけでもないですよね。「ダークネス」でいろんな関係も増えましたし。特にララ春菜とリトとの関係も…。「ダークネス」を経てまた違った「To LOVEる」という感じでしょうか。

それにしても、「ダークネス」が終わって、僕は今回の企画を除いてこれ以上「To LOVEる」の展開はないんだろうなと思うようにしているし、そういう覚悟で終わりを受け入れたわけですが、実際先月最終回を迎えても、さほど自分の中で終わった感覚はなかったんですよね。
展開がそもそも「ダークネス」として終わっただけですし、終わらせ方も「あ、終わるんだな」って感じでしたし。あとはなんといっても次の話までの間隔ですよ。
「To LOVEる」の時はほぼ毎週新しいお話が供給されていたので毎日がTo LOVEるまみれで、終わりを迎えてから終わりを実感するのはもう次の週なので早かったんですけど、「ダークネス」の供給ペースはほぼ1か月に1回だったので、最終回を読んでも「次のお話が来ない」という終わりを実感できてなかったんですよね。
でも今回の番外編のページ数が少なくて、「今月はこれだけかー」と思ったと同時に、「再来月からはこれが0になる」ということを想像してしまい、個人的にようやくTo LOVEるが終わるということを実感しています。

本当に終わるんですね…。覚悟はしてましたけど、いざってなるとやっぱり寂しいですね…。
とはいっても、こないだ発売されました18巻の両先生のコメントとかを見てると、いつの日かまた続きを読めたりするのかなーなんて思っちゃいますね。
正直、無印の18巻で矢吹先生が「ナナとモモの番外編を描きたい」なんて言ってましたけど、あの時は「そんなんリップサービスに決まってるじゃん…絶対ありえないよ…」くらいに思ってたのが、結果的に「ダークネス」として作品が復活したことを踏まえると…
まだ「To LOVEる」と再会できる希望は持ってていいのかな…と今は思っています。

それにあの時と比べたら、ファンブックは出ますし、コミックスの企画とかもありますし、華々しい最後にしていただけているだけでもありがたいです。




◎今月のベストショット
1s-WS001587_20170408211053590.jpg

学校に入った順では先輩なのでドヤ顔のメアちゃん可愛い


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
 |  今月のTo LOVEるD  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

Comment


  1. 名無しな日常:2017/04/08(土) 22:35:06 ID:-
  2. んで、次回の番外編が終わったらここはどーすんの。
    もうToLOVEるに未練がないのなら、続ける理由なんかないよな?
    閉鎖?それともブレイブウィッチーズに特化したブログになんの?




  3. 名無しな日常:2017/04/09(日) 00:31:09 ID:-
  4. 無印の最終話は終わった感あったけど、ダークネスは消化不良気味で終わった感ないよね
    単行本のあとがき見るに矢吹先生は完全にやりきった感があるけど、長谷見さんはまだ続けたい感じがするしでよく分からん




  5. 名無しな日常:2017/04/09(日) 01:16:10 ID:-
  6. もう番外編で最後なんだからてっきりヒロイン全員すっぽんぽんになるような裸祭り回になるかと期待してたのに個人的にガッカリや・・・
    来月もこのページ量じゃあまり期待できなさそう




  7. 名無しな日常:2017/04/09(日) 03:26:20 ID:-
  8. 無印っぽいな。懐かしいな。
    でも、よく見たら春菜ちゃんの割れ目ガッツリじゃないか!W
    (ここまでくると顔を押し付けていることに驚かないや)
    流石だよ矢吹先生。来月はどうなってしまうやら。

    矢神「次回作はToloveる以外の以外の作品」

    矢神「蜜柑を主役とした魔法少女的なものみたいな構想もあるよ」

    またWJに復活するかもしれないし、楽しみだな。




  9. 名無しな日常:2017/04/09(日) 15:18:22 ID:-
  10. ナナちゃんの恋愛面が放置されたまま終わったのが無念でならない
    途中までは順調にリトとの関係を進めてたのに・・・
    つらいンゴ




  11. 名無しな日常:2017/04/09(日) 20:25:31 ID:-
  12. OVAは全ヒロイン登場らしいので来月はルンキョーコ天条院先輩たちですかね




  13. 名無しな日常:2017/04/11(火) 01:24:13 ID:-
  14. >>2
    矢吹「ダークネスでやるべき範囲はやり切った。このまま延々
        続けるんじゃなく、作品の為に一旦切るべきと考えた」

    長谷見「無印最終回の形もあくまで通過点。最終的な形は未知数
        これがシリーズ最終回でないのは確か」

    単に無印の延長で〆るんじゃなくシリーズとしてどう完成させるか
    考える時期に入ったから、まだ続くけど推敲の時間が欲しい。
    という認識は二人とも一緒。




  15. 名無しな日常:2017/04/25(火) 15:43:48 ID:-
  16. このコピー機能、ハーレム計画にすごく有用なのでは・・・




コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dilemmanichijyo.blog109.fc2.com/tb.php/4564-97dd693a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
ブログパーツ