お知らせ

2017.06.04 (Sun)

TVアニメ「To LOVEるダークネス2nd」第4話:モモの恋する乙女な一面も垣間見える夏祭り回!


1s-WS001799_20170604200744a29.jpg





さて、ジャンプSQでの連載も終了して、ちょっとヒマになった月初めですが、前にも書いたようにやり残したことをやっていこうかなということで、まずは2015年に放送されたTVアニメ「To LOVEるダークネス2nd」の感想記事を書いていこうかなと思っています。

僕も記憶が曖昧だったので、自分の記事を見返してみると、どうやら1~3話までと5話~7話で止まってしまっていたので、その続きを書こうかなと。まずはなぜか書いていない第4話の感想を書いていこうかなと思います。


WS001781.jpg  



①作画
1s-WS001779.jpg

1s-WS001783_20170604195934802.jpg

1s-WS001784_201706041959351c4.jpg

1s-WS001785_20170604195937771.jpg

1s-WS001793.jpg

1s-WS001794.jpg

1s-WS001795_20170604195952b1e.jpg

1s-WS001796_20170604195954d7b.jpg

1s-WS001800_20170604200745638.jpg

1s-WS001803_20170604200749ffd.jpg

1s-WS001804_20170604200750ca8.jpg

1s-WS001805_20170604200752656.jpg

1s-WS001806.jpg

1s-WS001810_20170604200759967.jpg

1s-WS001811_201706042008013bb.jpg 

久々にこうして見てみると、あまりの出来の悪さに体力がガンガンに削られてRayたそのリリースイベントに寝坊して行けなかった黒歴史が頭に思い浮かびますね!(←

ちなみに原作でこのお話が描かれていたのは、TVアニメ「To LOVEるダークネス」が放送される直前だったかと思いますが、当時あれだけ糞だな!と言っていた「To LOVEるダークネス」の作画レベルをもう2ランクくらい下げたレベルでアニメにしてくるとは当時の俺は思ってもいませんでした…。
つーか、ダークネス2nd放送時点のTwitterとかで「1期の作画はよかった…」みたいなツイートとか見て、ちょっとおかしな笑いがこみ上げてきたのを思い出しました。

モモが浴衣なので髪をあげてるんですけど、その設定に慣れていないのか全体的に髪形と頭の形のバランスが取れていないなーと思うカットが多いですね。ヤミちゃんとかはそんなにいつもと変わらないので、変だなと思うところは少ないですけど。

あとダークネス2nd第1話で物議を醸した色合いとかもこの頃には収まってきてるように見えますね。夜のシーンが多いからそう見えるのかもですが。




②お色気シーン

1s-WS001786_20170604195938b21.jpg

1s-WS001787_20170604195939ab2.jpg

1s-WS001788_201706041959415e0.jpg

1s-WS001790_20170604195944000.jpg

 1s-WS001802_20170604200748007.jpg 1s-WS001807.jpg

1s-WS001808_2017060420075619d.jpg

2年弱も感想記事が遅れてしまったので、特別にディレクターズカットVer.でお届け!
リンゴ飴を舐めさせる妄想シーンの明乃さんの演技が結構お気に入り。他の回でも暴走した明乃さんの演技があるんですけど、僕は言えてない演技よりもこっちの方が好きですね。




1s-WS001792_20170604195947056.jpg

これはいい…。





③モモ

1s-WS001795_20170604195952b1e.jpg

1s-WS001797_20170604200742e30.jpg

1s-WS001799_20170604200744a29.jpg

さて、原作「To LOVEるダークネス」の連載は終わりましたが、このお話のメインの1人はモモでもあったことから、最後にモモが自分が遂行しようとしていた「ハーレム計画」をやめて、自分の気持ちに正直になってリトに好きになってもらおうという結末になりました。
この結末を予想していたファンも多いと思いますし、結末に向かうまでに何度もモモのそういう兆候はあったと思いますが、この回が初めて大々的にそういう兆候を現した回じゃないかなと個人的には思っています。
もちろんこの回に至るまでにも随所にそういう部分はありましたが、タイミング的にナナとメアの関係もよくなって、次はマスター・ネメシスの登場とヤミちゃんに関わるお話は進行が見られていましたけど、モモサイドはどうなのかといったところで、こういう面を大々的に見せたのかなーって思ってます。

そしてこのテレビアニメはまぁ、そういう面をなるべく映さないようにしていたというか。
1期の最終回ではリトが親父の手伝いで忙しいということでなかなかモモがリトに触れ合うことができなくて悶々とするというちょっとオリジナルな部分も入れたりしたのに、結局最後は「みんなで幸せにならなくちゃ、ね?」とか全然成長してなかったり、
2ndの第1話では春菜ちゃんの家から帰る時のリトの「楽園計画なんて無理」という一言に対して、原作ではそれでも大好きなリトと結ばれるためにはその計画を遂行しなきゃいけないという切ない気持ちが垣間見えるカットがあるのにもかかわらず、アニメでは全くそんなことを思ってもいないように瞬時に答えるとか、なんかそういう面はあまりフューチャーされていなかったので、第4話は大丈夫なのかなと心配だったんですが、しっかり描写してくれたのは嬉しかったです。
あわよくばリトがもうちょっとちゃんと作画されていればより引き締まったいいシーンに見えるんですけど。





④夏の交通安全週間

1s-WS001801_20170604200746ab4.jpg


※原作
WS001814.jpg

【朗報】彩南町の交通課、アニメではちゃんと仕事をしていた

夏祭りの時期なのにまだ春の企画の垂れ幕出してるとか全然仕事してないことになっちゃいますからねwwww





⑤ナナちゃんの表情

1s-WS001812_20170604200802798.jpg


※原作
WS001815.jpg

なんだかナナちゃんがネメシス陣営の一員に見える…www





⑥ヤミちゃんのあの表情、カットされる

WS001813.jpg

好きなんですけどねこの表情。
あと祭りに仕方なく行くんだけど「帰るか…」もなくて残念。

あ、でも冒頭の美柑がヤミちゃんを誘う所とかは僕は好きですね。
原作だと「せっかく再会できたんだから仲よくすればいいのに」って美柑が煽るんですけど、アニメだとちゃんと花火大会に来てねだけで終わるんですよね。それで7話で一緒に図書館に行った時に似たようなことをヤミちゃんに言うんですよ。
そこはアニメオリジナル要素なんですけどちゃんとその辺の連携とかが取れてるからなのか、単に偶然なのかは分かりませんが、美柑がティアーユ先生の話を花火大会の中で聞いたうえで、ヤミちゃんに対して学校に行って制服姿見せてあげないの?と進言するというアニメの流れは僕はいいと思います。



とまぁこんな具合の感想でした。
4話自体の内容はそこまで悪くない(作画が悪くないとは言っていない)のですが、5話以降がもはや別アニメかというレベルでクオリティが上がっていて、テンションが上がって4話の感想記事を書かずに5話の感想記事を書いてしまったので、結果4話の感想記事を書かず仕舞いだったという…でも書きたいものを書きたいときに書くのが一番だと思うんですよね(←言い訳

次は8話の感想記事を書こうかなと思っていますが、9話と合同で書くかも。まぁその辺は書くときに決めます。
あと今月中に途中で書かなくなってたコミックスとSQ掲載時の比較記事も書くかもしれませんが、それは書けるか分からないので期待しないで待っていてください。



…それにしてもSQ買ってもTo LOVEる載ってないとかツラくね?

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
ToLOVEるダークネス2ndアニメ感想記事,  |  ToLOVEる-雑記-  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

Comment


  1. 名無しな日常:2017/06/05(月) 19:03:16 ID:3cB5OuE2
  2. 載ってなくても買うんだな




  3. 名無しな日常:2017/06/05(月) 19:21:40 ID:-
  4. ツラい!!!




  5. 名無しな日常:2017/06/05(月) 20:40:45 ID:-
  6. そりゃつれぇでしょ・・・




  7. 名無しな日常:2017/06/05(月) 21:46:19 ID:-
  8. 久しぶりにとらぶるみたわー

    あれおかしいな
    涙が止まらない




  9. 名無しな日常:2017/06/07(水) 05:07:13 ID:-
  10. とら以外もみてるから買ってるのか?SQ




  11. 名無しな日常:2017/06/10(土) 03:34:28 ID:-
  12. こうしてみると、要所要所の作画は悪くはないな
    BDだと大分細かく修正されてもいる訳だが




コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dilemmanichijyo.blog109.fc2.com/tb.php/4641-e2adf693

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
ブログパーツ